ハンドボールとは?

LINEで送る
Pocket

⚾︎はじめに

まずこのサイトを訪問した時点で、何かしらのきっかけで「ハンドボール」という単語を知ったのだと思います。みなさんはハンドボールと聞いて何を思い浮かべてますか?やはり「宮﨑大輔」ですかね…

学校の体育の授業でハンドボールをやった人もいると思いますが、日本ではマイナースポーツの部類に入っています。そんなハンドボールですが、実はオリンピックの種目なのは知ってますか?

これからそんなハンドボールを深く掘り下げて行きたいと思います!!

 

⚾︎海外で人気

実は海外でハンドボールはとても人気があり、特にヨーロッパで人気です。強豪国としては、フランススペインデンマークドイツなどが挙げられます。サッカーでチャンピョンズリーグという大きい大会がありますが、ハンドボールにも同じくチャンピョンズリーグがあり、サッカーに次ぐ人気があると言われています。有名なバルセロナもハンドボールチームがあります。

日本と違うところは他にも試合を観戦する環境があります。海外では多くのリーグでインターネット配信しています。このように身近にハンドボールがあるので、ファンが応援できる環境が整っています。

 

⚾︎どのようなスポーツ?

ハンドボール はコートプレイヤー1人とゴールキーパー1人の7人で試合します。最近では攻撃の時にだけキーパーが交代して、コートプレイヤー7人で攻撃するチームもあります。決められた試合時間の間で、相手チームより多く点数をとったチームが勝ちます。簡単に言うとバスケ+サッカーを足して2で割った感じです(笑)

ハンドボール は屋内・屋外で行われ、夏になるとビーチでハンドボール をする「ビーチハンドボール 」も行われています。

 

⚾︎試合時間は?

試合時間は下の表の通りです。

前半 ハーフタイム 後半
8~12才 20 10 20
中学生 25 10 25
高校生 30 10 30
一般 30 10 30

ハーフタイムはどの年代においても10分となっています。

もし時間内に勝敗が決まらなかった場合、5分休憩したのちに前後半10分の延長戦を行います。延長戦でも勝敗が決まらない場合、7mスローコンテストを行います。

 

 

日本だとキーパーもそんなに前に出てこないですが、参考にどうぞ!

 

 

大会やリーグごとに試合時間などが決められています。社会人でも25分の試合であったりします。

 

⚾︎コートの大きさは?

コートは40m×20mです。40mはウルトラマンと一緒の大きさです(笑)20mは・・・。調べたら、日本の鉄道車両では20mが多いそうです。分かりにくいか・・・。

赤のエリアは「ゴールエリアライン」と言われており、キーパーしか入れないエリアです。このエリアはゴールから6mの距離になります。

 

点線のラインは「フリースローライン」と言われており、ゴールから9mの距離になります。

 

ゴールエリアラインとフリースローラインの間の線は「7mライン」といい、明らかに得点が取れそうな機会を阻止された時や、守備をしようとしてゴールエリアラインに入ってしまった場合に7mスローを行うので、この線より前に出ないで下さいという目印になります。

 

参考までにどうぞ!

 

※ちなみにトッププレイヤーのキーパーはすごく前に出てきますが、一般のレベルだとあまり前に出てきません・・・。

 

 

LINEで送る
Pocket